地震に強い屋根、弱い屋根

災害に強そうな屋根屋根は一般的に軽い方が耐震性に優れていると言えます。

それは、屋根が重くなってしまうほど建物の重心が高くなり、揺れが大きくなってしまい、地震の影響を受けやすいからです。逆に屋根が軽いほど建物の重心は低くなり、揺れを減少させることができます。

そこで、屋根の種類によるそれぞれの重さについて見比べていきましょう。

一般的なお住まい(30坪100㎡)の屋根の重さ

  • 瓦屋根 約6トン
  • スレート屋根 約2トン
  • 金属屋根 約600kg

瓦屋根とスレート屋根とを比較した場合、スレート屋根は、瓦屋根の約1/3の重さ、瓦屋根と金属屋根の比較では、金属屋根は、瓦屋根の約1/10の重さとなり、年々改良されて、安全性の高い新しい商品が出ています。

簡単に言えば、

  • 地震に強い屋根 ― 重心が低い(屋根が軽い)屋根
  • 地震に弱い屋根 ― 重心が高い(屋根が重い)屋根

ということになります。現在は、昔とは違って、見映えは重視しながらも、素材が丈夫で軽く、耐久性のある材質が増えてきました。

住まいの安心や安全を第一に考えた、耐久性に優れている屋根材選びが必要になってきます。

下記にそれぞれの屋根材の特徴を表してみます。

  • 瓦 ― 見た目は瓦屋根でも、「ハイブリッド瓦」と呼ばれる従来の瓦よりも軽くて丈夫な瓦が出ています。

これは、コンクリート製ですが、樹脂の壁をもった無数の気泡が軽さの秘密で、施工法王も従来の漆喰を使って施工する「湿式工法」に比べて、「乾式工法」で軽さを重視しており、割れにくい(大人が木槌で叩いても割れない強さ)、また、紫外線から屋根を守る塗膜がしてあり、色あせしにくく、汚れが付きにくいため、メンテナンスもしやすいというのが特徴です。

和風・洋風どちらにも対応した屋根が販売されており、高級感や上質感を味わえる物も数多くあります。従来の陶器平板瓦から葺き替えることによって、屋根の重量が半分もしくは半分以下に軽減され、重心が低く、地震に強い屋根に生まれ変わることができます。

  • スレート ― 現在、最も普及している屋根材です。メーカーによって名称が違い、カラーベスト、コロニアルと呼ばれることもあります。色が豊富で和風・洋風、どちらのお住まいにもあわせられます。
  • 金属屋根 ― 金属屋根にもいろいろありますが、お勧めなのが天然石とガルバリウム鋼板でできた「超軽量ハイブリット屋根材」です。これに葺き替えることによって、軽くて耐久性が増し、またカラーバリエーションも数多く揃っているので、外壁と合わせた違和感のないお好みの色を選ぶことが可能です。

また、施工方法も、「インターロック工法」を取り入れることにより、屋根材の一枚一枚をビスで垂直・水平方向に連結して、野地板にしっかり固定するため、屋根面が一体化し、地震による滑落、下から吹き上げる強風による屋根のめくれや飛散の心配がなく、安心です。

貴方のお住まいの屋根には何が使われているでしょうか。屋根の上は見えにくい上、前述のようにハイブリッド瓦なんてのも存在します。瓦にもコンクリート瓦やセメント瓦があり、粘土瓦とそっくりです。スレートを模したデザインの金属屋根などは遠目から見るとスレートと区別がつかないとこもあります。「自宅の屋根材が分からない」、「屋根葺き替えや屋根カバーで何を選んでよいか分からない」という方はhttp://www.yaneyasan.net/にアドバイスしてもらうとよいと思います。屋根専門業者ならでは目線で選定してくれるでしょう。

屋根の種類、材質、施工方法などもたくさんあるので、ご自宅に見合って、予算に合うものを選ぶのが一番です。