住み始めて約20年、初めて雨漏りへの対処の仕方

私が今、現在、横浜市内で家族と住んでいる2階建ての一軒家の屋根に関するお話なのですが、最近になって築年数のせいなのか困ったことが起きました。 それは、先月辺りに突然起こったことなのですが、何の前触れもなく突然雨漏りをするようになってしまったのです。 この家に住み始めて20年程経ちましたが、屋根に関してトラブルが起きたのは今回が初めてです。 正直、まさか我が家が雨漏りするなんて想像もしていませんでした。

 

雨漏りをバケツで受ける

確か約10年前に一度、(特に目立って傷んではいませんでしたが)屋根と外壁の補修作業を知り合いの業者さんに頼んだことがありました。 これは、一軒家に住む知り合いが「10年に一度は点検してもらったり、少しでも傷んでいるところを探してもらって直しておいた方が絶対に良い。気付かないうちに酷くなると、直すの大変だから。」というアドバイスから実施したものでした。 恐らく、そのお陰もあってなのか、今までは強風や台風が来ても屋根のトラブルが一切なかったのだと思います。 因みに、現在雨漏りが起きているのは、2階の子ども部屋と私の書斎、2箇所で、雨が降るとポツポツと水滴が落ちてくる感じですので、応急処置でバケツを置いています。 さすがにこのままでは普通に生活できませんし、放置すれば今以上に屋根の見えていない部分を悪化させてしまう可能性が大いに考えられます。

先日業者さんに相談し、大まかな見積もりを出して頂き、先週から修理を開始しました。 我が家は特に雨漏りに適用される保険には入っていませんでしたので、全て自腹です。 真面目にお財布事情が厳しいところではありますが、今後もずっと住んでいきたい愛着のある家ですので「仕方ないことだし、直すのに良い機会。」と、前向きに自分へ言い聞かせています。

業者の話では屋根の谷間の雨樋に穴が開いており、その部分とその下の防水紙を交換したということでした。本当は全体的に防水紙を替えた方がいいと言われましたが、最低限の修理で済ませました。

やはりこのような体験から、わかりづらい屋根の事は地元に精通している(わたしの場合で言うと横浜市内の)専門の業者に相談するのが一番だと感じました。