屋根とともに雨樋のメンテナンス

雨樋の詰まりと原因

雨樋はあまり必要な物であるイメージがありませんが、その役割は大きく屋根からの雨水が、建物に侵入するのを防ぎ建物が腐食するのを防ぐ役割があります。そのため、雨樋が詰まってしまうと家に水が浸入してしまい腐食してしまうおそれがあるので早めに対処する必要があります。
雨樋が詰まる原因の多くは、落ち葉やごみが詰まりの原因になってしまい排水出来ない状態にしてしまう場合がほとんどです。とくに家の近くに落葉樹のある場合には、落ち葉が雨樋に溜まってしまうことがあるので注意が必要です。東京都内であっても公園や森林の多い地域では雨樋が詰まりやすい傾向にあります。
落葉樹が近くにある場合には、定期的に雨樋を確認して見た方がいいです。落葉樹がなくても近所からゴミが飛んで来ることもありますし、詰まってしまう原因は多くあります。
また環境によっては、雨樋にコケが生えてしまったり雑草が生えてしまって、排水できない状態になっている場合もあります。
雨樋が詰まってしまい排水できないことが分かると、自分で何とかできそうな気がしますが雨樋は高い場所にありますから梯子をかけて上に上がらないと対処出来ません。
素人が行うと高い場所にあるので危険ですので、業者の人に依頼した方が安心です。
雨樋は家にとって大切なものですから、定期的に点検してみることが大切です。