自然災害による屋根の被害は火災保険が適用できる可能性があります

確定申告火災保険に加入している場合、自然災害による屋根の損傷や被害は、保険の適用になる可能性があります。保険会社や契約内容によって、保険の適用になる場合とならない場合がありますので、ご自身の加入している保険の内容を再度確認し、まずは、保険会社に連絡して、業者へ屋根の修理の見積もりを取ってみると良いでしょう。

また、これから自己資金で家を新築しようと思っている方、数年後に新築からの経年になるために、屋根設備の見直しをしたいと考えている方は、災害時に備えて、火災保険に加入する前に、数社の保険内容を比較検討してから加入すると良いでしょう。わずかな保険料を付加して払っておくだけで、いざという時に保険対象になるのであれば、それに越したことはありません。
自然災害に火災保険を使えるのは常識ですが、屋根工事業者の中にはそれを知らない、知っていても申請が面倒なので行わないといった業者も存在します。お客様のことを考えていませんよね。自然災害で被災した場合、街の屋根やさん東京などは火災保険で屋根補修もできますよと教えてくれます。こういったお客様のことを常に考えてくれている屋根業者を選びたいものです。