瓦屋根のお手入れ方法

瓦屋根は種類として焼き物の瓦とコンクリートを固めて作った瓦の2種類あります。焼き物の瓦についてはメンテナンスの必要は割れるまでありません。ですが瓦の下に敷き詰めている土が流れたり瓦の捲れ・割れによって雨漏りの原因となることがありますので屋根瓦のお手入れをするというよりも、屋根瓦の下の下地を手入れするというのが正しく、雨漏りをした場合は即座にメンテナンスを実行し、それ以外ですと50年くらいはメンテナンスを必要としないことも多いです。

コンクリートやセメントを固めた瓦につきましては腐食をしますので20年以内に一度定期メンテナンスを受ける必要があります。これはコンクリートを型に流し瓦にしているだけであるため、焼き物のように防水性が無く塗装が欠かせません。焼き物の瓦は防水性は永久的に持続し、割れない限りは永遠です。

最近では薄いスレート屋根などもありますが、スレート屋根の場合は多くが劣化しますので10年程度で塗装、20年後に一度状態に合わせたメンテナンスをして補修を行います。スレート屋根に塗装を行う事で劣化から守ることが出来ますので、スレート屋根の経年劣化に合わせた塗り替えを欠かさず行い雨漏りや破損を防いでいきましょう。