屋根の台風対策

宇宙から見た台風強風などによって屋根材が飛散してしまった、棟板金が飛散してしまったという被害は多く報告されています。

台風で棟板金や屋根材が飛んでしまったとしても、絶対に台風が接近している、また台風の通過途中に屋根にのぼって状況を確認するということは控えてください。毎年、強風に煽られて、ハシゴや屋根から転落するなどの事故が報告されています。

また、台風通過後の屋根は雨に濡れて滑りやすくなっているため、ご自身で点検を行うよりも街の屋根やさんのような専門の業者に診てもらった方が安心です。

屋根や外壁の台風対策はどうしたら良いかを見ていきましょう。可能であれば、台風シーズン到来の前に下記の点検をすると良いでしょう。

  • 外壁にヒビ、浮きがないか。- ヒビや浮きから雨水が入る可能性があります。

サイディングが劣化している場合には、雨水に当たることにより、腐食が進みます。

  • 窓枠などのコーキングが劣化していないか。- これも同じように、雨漏りの原因になる可能性があります。
  • 雨戸やシャッターなどがガタついていないか。窓ガラスにヒビ割れがないか。ベランダに鉢植えなど飛びやすいものがないか。- しっかりと固定していない物は、強い風が吹くことによって飛散の可能性が大です。
  • 雨樋に落ち葉がたまっていて、雨水の通りを悪くしていないか。- 水の流れを止めると、本来流れていく場所と別の所に水の通り道ができ、雨染みや雨漏りの原因になる場合があります。
  • 瓦にヒビ割れやズレ、剥がれがないか。また金属屋根やスレートでは金属部分が錆びていたり、浮いているところはないか。- ヒビ、ズレ、剥がれは雨漏りの危険性があります。また、棟板金の金属が錆びていると、強風にあおられて棟板金が飛散する可能性があります。

台風前に自分で対策できるものと言えば、植木鉢やすだれをしまう程度です。他の項目で気になる箇所があれば、あらかじめ台風が多くなる秋よりも前に、業者に依頼して修理をするようにしておきましょう。そうすることで、安全も安心も守られます。